お金のトラブル解決箱

タグ『債権回収』の記事一覧

2024/05/18

少額訴訟の訴状の書き方を弁護士が解説!

以前のコラムで、貸したお金が返ってこないときや、何かしらのサービスを提供したのに支払いをしてもらえないときなどには、少額訴訟の利用を検討してみることをお勧めしました。本コラムでは、実際に少額訴訟を提起する際、訴状をどうやって書けばいいのかを解説していきます。

弁護士 垂水祐喜(大阪弁護士会)
弁護士 垂水祐喜(大阪弁護士会)
2024/03/28

支払い能力がない~一弁護士の視点から

私たち弁護士が、「相手に何かの理由でお金を請求したい」という法律相談をうけたとき、必ず相談者の方に「相手に支払い能力がありそうかどうか」を確認します。
なぜ支払い能力を考える必要があるのか、実際に私たち弁護士はどういった観点から支払い能力を確認しているか、本コラムで具体的に説明していこうと思います。

弁護士 菅野園子(大阪弁護士会)
弁護士 菅野園子(大阪弁護士会)
2024/03/06

弁護士が教える「お金を返してくれない相手への対処法」

お金を貸した相手から、いつまで経ってもお金を返してもらえないということを経験されたことはありませんか?そのような場合にどうすればお金を返してもらえるのか、その方法について弁護士が解説します。

弁護士 垂水祐喜(大阪弁護士会)
弁護士 垂水祐喜(大阪弁護士会)
2024/02/04

フリーランスの取引に関する新しい法律ができたと聞きました、どんな法律ですか??

フリーランス・事業者間取引適正化等法が令和5年5月12日に公布されました。この法律は、個人で働くフリーランスに業務委託を行う発注事業者に対し、取引条件の明示や給付を受領した日から原則60日以内での報酬支払、ハラスメント対策のための体制整備等が義務付けるものです。このコラムでは、今回成立したフリーランス・事業者間取引適正化等法について解説していきます。

弁護士 垂水祐喜(大阪弁護士会)
弁護士 垂水祐喜(大阪弁護士会)
2023/10/24

データからみる“泣き寝入り問題”③診療費トラブル編

医療費は、高額になる場合もあり、病院における未収金が、実は大きな問題となっています。
今回は、病院の医療費等の未回収トラブルにスポットをあて、数字を見ていきましょう。

弁護士 榎本愛(大阪弁護士会)
弁護士 榎本愛(大阪弁護士会)
2023/06/06

「無い袖は振れない」ので、訴訟に負けても大丈夫?

今回は債務者の立場から、財産がない場合にどのように対処するべきかということについて記します。

弁護士 泉宏明(大阪弁護士会)
弁護士 泉宏明(大阪弁護士会)
2023/04/15

内容証明郵便とは?

弁護士に債権回収を依頼した場合、まず相手に内容証明郵便を送るケースが多いと思います。では、内容証明とはいったい何なのでしょう。今更聞きづらい内容証明郵便のいろはをお伝えします。

弁護士 榎本愛(大阪弁護士会)
弁護士 榎本愛(大阪弁護士会)
2023/04/01

賃借人が家賃を支払ってくれません。どういう手段があるでしょうか。

マンションやテナントなどを誰かに貸している場合、通常は賃料が毎月発生します。賃料の支払いが滞りがちな借主(賃借人)がいる場合、悩ましい問題がいろいろあります。家賃の滞納にお困りの方、ODRを試してみませんか?

弁護士 榎本愛(大阪弁護士会)
弁護士 榎本愛(大阪弁護士会)
2023/02/27

お金を返してくれない相手と和解したい!

お金を貸した相手から、返済期日直前になって、「返す気はあるんだけど、今はお金がなく、すぐに返せそうにない・・・」と言われてしまったことはありませんか?貸したお金を回収するために、有効な和解とはどういったものでしょうか?本コラムでは和解の方法についてご説明します。

弁護士 榎本愛(大阪弁護士会)
弁護士 榎本愛(大阪弁護士会)
2023/02/10

少額訴訟の管轄について教えてください!

少額訴訟とは、訴訟の目的の価額が60万円以下の金銭の支払の請求を目的とする訴えのことです。本コラムでは、少額訴訟を提起する際、どこの裁判所に申し立てればよいのかなどについて、解説していきます。

弁護士 垂水祐喜(大阪弁護士会)
弁護士 垂水祐喜(大阪弁護士会)